2014年1月10日 (金)

2013-2014

 皆様、新年あけましておめでとうございます。2014年もどうぞよろしくお願いいたします。
 ※溜まっている記事はもうしばらくお待ちくださいませ…^^;

 2013年は交通業界にとって激変の年となりましたが、個人的な2013年最大のニュースは「富士山の世界文化遺産登録」でした。母方の田舎が山梨県大月市ということもあり、幼少期より富士山に馴染みがあったためです。
 特に富士山麓の交通・観光で大きな影響力を持つ「富士急行」の力の入れようは凄まじく、世界遺産登録が決まるや、富士急の一般路線バスには次々と「世界遺産 これからも、富士山と共に。」という垂れ幕が掲げられました。それは何も富士山麓に限ったことではなく、東京都内の富士急グループ路線バスにも同様の垂れ幕が掲出されました。
Dsc_9492s
大月駅前に集結する路線バスには「世界遺産」の垂れ幕 2013年10月

 世界遺産登録決定後、帰省も含め大月には4回足を運びました。大月市はかねてから「富士山の眺め」を売り込んでいましたが、世界遺産登録とともに行楽客が目に見えて増えているように感じます。
 富士山に登ることができるシーズンは限られていますが、岩殿山など大月市内に点在する山々には、春や秋でも登ることができ、富士山を眺めることができます。そして東京から特急や快速などの電車がそれなりに出ており、アクセスも良好です。富士山の世界遺産登録によって、大月を訪れる行楽客も、今後より一層増えていくのではと思います。
Dsc_9455s
大月でもいわゆる「山ガール」を見る機会が増えた。東京からは電車で1本 2013年10月

 さて、世界遺産に登録が決まって最初の富士登山シーズンとなった2013年夏は、「世界遺産登録が決まって登山客が殺到するだろう」という判断や、登録発表からシーズンまで日が浅かったこともあり、あまり登山客は増えなかったといわれています。そのため、2014年夏が「本番」という話をよく聞きます。
 それでも、登山シーズンを迎えるまでもなく、年始帰省時でさえ大月駅で富士急行線に乗り換える乗客は目に見えて増えました。外国人旅行者も多くいました。この年末年始中央線特急の利用者も、JRが公表しているデータによると前々年比17%増加していますが、富士山世界遺産登録も利用を押し上げていると思われます。
 ※前年比では6%減少だが、これは2012年12月に発生した中央道笹子トンネル天井板落下事故の影響で鉄道利用が激増しており(2011~2012年比+24%)、前年と単純比較できないため前々年比とした。

 2014年、富士山麓をめぐる交通・観光の環境はどのように変化していくのか、この地に縁のある私も注目していきたいと思います。
Dsc_5088s
富士山のイルミネーションと大月駅舎 2014年1月

2013年11月25日 (月)

新車、発進

Dsc_9859s
いざ秋田へ
新宿~秋田間「フローラ号」 新宿駅西口にて。

2013年11月、小田急シティバスの夜行高速バスに新車が入りました。その新車のデビュー運行(新宿発秋田行き「フローラ号」)を見送ってきました。

シートコンセント装備などの客室設備の改善はもちろん、各種安全装備も備えられています。(参考:http://www.odakyubus.co.jp/news/topic998 )この新車に関しては後日改めて取り上げます。
※先日の続きはその後になります

2013年10月11日 (金)

河豚

D3x_1382s
おくちあ~ん♪
福岡県北九州市門司区 関門国道トンネル門司側入口

 不真面目な表題とは承知ですが、このトンネルポータルのイラストを見てとっさに思いついたのがこの言葉でした(苦笑)。
 山口県下関市と福岡県北九州市門司区を結ぶ関門トンネルですが、下関の名物フグにちなんでフグが大きく口を開けたイラストがデザインされています。クルマがどんどん吸い込まれていきます^^;

 めかり公園(関門橋が見える公園)に早朝撮影に行く途中で通りかかった時に見つけました。その面白いデザインが気になったので、後で昼間に来ようとも思いましたが、夜に撮ったほうが怪しげ(?)な雰囲気がして良いと思ったので、思わず寄り道して撮影してしまいました。
 本題(?)の関門橋は次の記事でご紹介します。

 関門海峡ナビ|エリアマップ|関門国道トンネル
 http://www.kanmon.gr.jp/areamap/cross/c_03.php
 写真のトンネルは車道しかありませんが、この他に歩いて関門海峡を渡れる(くぐれる)トンネルもあります。

2013年10月 9日 (水)

ビルの灯りを抜けて

Dsc_7668s_2

内堀を行く
名古屋からやってきた、JR東海バス「中央ライナー」号。
東京都心の光につつまれ、終点東京駅はもう目の前。

東京都千代田区有楽町 日比谷交差点付近にて。

Dsc_7673s

2013年9月25日 (水)

夢の翼に、ありがとう

Dsc_3733s

ピカチュウに、手を振ろう
2013年8月 羽田空港にて

 ANAのボーイング747(いわゆる「ジャンボジェット」)が2014年春までに順次退役しますが、そのうちの1機であるJA8957号機「ピカチュウジャンボ」が、9月30日にラストフライトを迎えます。
 あと少しの勇姿ですが、羽田の展望デッキから手を振りに行ってはいかがでしょうか。

 FINAL 747 -THANKS JUMBO- ANA

2013年8月29日 (木)

屋台!

Dsc_4642
屋台前に直着け。天神屋台はバスで行こう!



撮影:天神の屋台「お圭ちゃん」にて
鉄板焼き・焼きラーメンを前面に押し出したお店。
常連イチオシの辛子高菜も注目。メチャクチャ辛いから覚悟されたし…
営業時間:18:00以降準備ができ次第(条例で開店準備は18時からと決められているらしい)~2:00(26:00)。日曜休業。
博多駅からのアクセス:
博多バスターミナル1階2番のりばから西鉄バス2番・2-3番・30番・32番のバスで「天神郵便局前」下車。屋台が開く18~19時台は1時間に4~5本程度。バスを降りて前方にある赤いのれんのお店。
その他香椎・福間・赤間・北九州市方面から天神行きのバスでも同様。
博多駅発「2番特別快速」は郵便局前に止まらないので注意。

2013年8月11日 (日)

ソラが大きいマチ

D3x_1782
 福岡市は「空が大きい街」だと思います。
 福岡空港は全国、いや世界屈指の「都心に近い空港」として知られています。福岡空港駅から博多駅まで5分、天神まで12分で行くことができます。
 しかしながら、空港が近いということは同時に、種々の問題を抱えているということにもなります。航空機の騒音・テレビの受信障害などは、他の空港でも問題になったり、訴訟に発展してしまったケースもあったことから、よく知られていると思われます。
 そして福岡では、都心から数kmしか離れておらず、都心の直上が航空機の飛行コースとなっていることから、航空機の安全な発着を担保するため、都心部での建物の高さ制限が非常に低くなっています。
 航空法による高さ制限は博多駅地区では60mに、天神では同じく70mに制限されています。そのため、福岡市は「100万都市」でありながら、都心に高層ビルが存在しないのです(都心から少々離れた「シーサイドももち」地区や香椎地区には高層ビルがありますが、それでも高さ150m程度に制限されています)。
----------
 2011年にオープンしたJR博多駅の駅ビル「JR博多シティ」の屋上には展望台が存在します。「JR博多シティ」の全高は、航空法による高さ制限いっぱいの60m。すなわち、博多駅地区で一番高いところに行くことができるわけです。高層ビルのない福岡都心、眺めを遮るものはありません。
 そんな「JR博多シティ」で、博多湾に沈む夕陽で染まる「大きな空」を一枚。
D3x_1967
 写真:2013年7月 福岡県福岡市博多区、JR博多シティにて(2枚とも)

2013年8月 5日 (月)

1ヶ月空いてしまいました…

いろいろありましたが1ヶ月間空いてしまいました。

ネタはたくさんあるのですが…
今週中に更新予定ですので、コメント返信やリンク等はその時に同時に行います。
ひとまず生存報告がてら。

2013年7月 4日 (木)

安全の先頭へ ~JR東海バス~

 JRグループのJR東海バスが運行する、東京~名古屋間の格安夜行便「青春ドリームなごや号」に新車が入りました。
 東京~名古屋間でJR東海バスが運行する夜行高速バスには、独立3列シート(1人がけシートx3、一部プレミアムシート等もある)の「ドリームなごや号」と、4列シート(2人がけシートx2)で少々狭いながらも運賃が安い「青春ドリームなごや号」の2種類が存在します。
 JR東海バス:7月1日より青春ドリームなごや号に新車を投入します
 http://www01.jrtbinm.co.jp/topics/e/71_1.html

Dsc_9613
 写真は「744-13952号車(名古屋200か3251)」ですが、13951~13953の3台が同時に導入されたようです。この3台は、2011・2012年式の車両同様、4列ワイドシート・コンセント付きであるほか、2列目以降の各席にはフットレスト(足乗せ台)が付いており、1列目は足下が従来より広くなり、またシートテーブルも改良されるなど、従来車よりも快適性が増しています。

 ただ、それだけではありません。それだけなら、他のネタを差し置いてまで取り上げません。

Dsc_9488
 ナンバープレートの横に四角い穴があいているのが見えますが、ここには「車間距離レーダー(ミリ波レーダー)」が内蔵されており、レーダーが車間距離の接近を感知すると、警報を出してブレーキをかけるよう促す「車間距離警報」が作動します。また、車間距離警報とは別に、運転士の走行パターンを記憶し、注意力低下を判断する「運転注意力モニター」も装備されています(両者は必要に応じて連動します)。これらは2012年式の車両にも装備されているものです。
  少々難しくなってしまいましたが、「あの手この手で居眠り運転による事故を防ぐ」装置が装備されているのです。

 これらに加え、2013年式の車両には「衝突被害軽減ブレーキ(AMB)」が装備されています。これは、「車間距離警報」が作動したにもかかわらず、運転士がブレーキをかけるなどの回避動作を行わず(居眠り運転・急病で意識を失った場合など)衝突が避けられない場合にも、自動的にブレーキをかけて極力速度を落とすことで、衝突時の衝撃を緩和・被害を軽減するものです。AMBは、昨年4月の「関越事故」をうけ、国交省が装備を義務化しましたが、この車両を製造した「三菱ふそうトラック・バス」では、義務化以前の段階から標準装備としています。

 参考:http://busfan.jp/archives/1346

 標準装備されているとはいえ、バス製造会社ではなくバス運行会社のプレスリリースに記載されることは珍しいことです。また、バス運行会社のWEBサイトでは、快適性など利用者に直接好感を持たれることが優先されがちなものですが、今回のJR東海バスのリリースでは、第一に衝突被害軽減ブレーキの装備がかかれているあたりから、JR東海バスの「安全を守る意志」が感じられます。「関越事故」以後、バスの安全性に関する関心が高まっているという背景はあるものの、これができる会社はそう多くはありません。
 この「衝突被害軽減ブレーキ」、あくまでも事故の際に被害を軽減するためのものです。当然のことですが、「作動せずに済む」に越したことはありませんし、私もそう願っています。

Dsc_9581
 安全運行のため、考えうる限りの「装備」と「意志」を詰め込んだバスが、毎夜、東京と名古屋を結びます。

 JR東海バス バスのご案内>名古屋⇔東京
 http://www01.jrtbinm.co.jp/recommend/130208/index.html

2013年6月30日 (日)

アツい!富士山麓 ~祝・世界遺産登録!~

 世界文化遺産登録に沸く、富士山麓は河口湖に行ってきました。

Dsc_8971
 横浜から高速バスで2時間少々、河口湖に到着♪

Dsc_8985
 駅のきっぷ売り場にも…

Dsc_8976
 バス乗り場や駅前のビルにも…

Dsc_8983
 昔の電車が展示してあるところにも…

 街は「世界遺産」ムード一色です。

Dsc_9012
 普段は河口湖周辺をめぐるオープンバス「KABA BUS」も、世界遺産登録記念として「河口湖畔からの絶景(逆さ富士)と富士山五合目」のスペシャルコースを設定しています。2013年8月31日まで記念コースで運行するようです。詳しくは富士急行「KABA BUS」WEBサイトをご参照ください。
 http://bus.fujikyu.co.jp/kaba/open/index.html

Dsc_9273
 私が河口湖に来た理由はこれ。
 新宿などから土休日を中心に運行される臨時列車「ホリデー快速河口湖」号が、富士山世界遺産登録にあわせて「ホリデー快速富士山号」に名前が変わることになりました。その名称変更にあわせて、富士急行が撮影会を企画したのです(撮影会の詳細は他所に譲るとして…)。
 「ホリデー快速河口湖号」としての運転はなくなりますが、列車名以外は変わることなく、列車自体は7月以降も「ホリデー快速富士山号」として運行されます。また、7月以降は「快速山梨富士号」も追加運転され、富士山への行楽輸送がいっそう充実します。

 例年、夏の行楽・登山シーズンになると、富士山麓やそこにいたる中央自動車道は激しく渋滞します。今年は富士山世界遺産登録という、富士五湖界隈にとってはビッグイヤーですが、例年以上に渋滞が激化する可能性もあります。
 一方、JR・富士急行は富士山の世界遺産登録で増加する観光需要増加に向け、臨時列車を多数増発して対応するほか、新宿と富士山五合目を結ぶ高速バスも増発されます。また、富士山麓を走る路線バスも「世界遺産めぐりルート」を制定するなど、観光客に利用しやすい体制づくりを進めています。例年以上に、公共交通機関での富士山麓への観光が便利になるのです。
 世界文化遺産・富士山へお越しの際には、電車・バスなどの公共交通機関でおいでいただければ、渋滞の緩和に役立ち、皆様が快適に富士山麓を観光できるようになるのかなと思います。
 そんなことを考えながら、河口湖から電車で帰りました。

JR東日本八王子支社
 http://www.jreast.co.jp/hachioji/top.html
富士急行線(電車)
 http://www.fujikyu-railway.jp/forms/top/top.aspx
富士急バス(高速バス・一般路線バス)
 http://bus.fujikyu.co.jp/index.html
フジヤマNAVI(一般路線バス情報はこちらも)
 http://www.fujiyama-navi.jp/

富士山の写真がないって?曇っていて見えませんでした(苦笑)

«海を見に行ってきました ~アクアライン 海ほたる~

無料ブログはココログ
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31